HOME

1から学ぶ、株・投資

kabu1

定年退職後、3000万円のお金がありますか?

年収300万円であれば、10年で稼げる金額。
とはいえ、税金や生活費、冠婚葬祭費などなど・・・
いろんな金額を差し引くと、丸々手元に残りません。

今の貯金額を参考に、
3000万円て、どれくらいで貯められるでしょうか?

社会人10年目で貯金が300万円だとしたら、
今より10倍貯めないといけません…。

(;′Д`)ノぇー
そんなに貯金しなきゃいけないの?
なんだかお先真っ暗…(> <.)

このように、
老後のことを考えると心配になる方もすくなくありません。

大体、老後の資金に3000万円も必要なの?

残念ながら、答えは「はい」
しかも、この金額には、介護・医療費、家のリフォーム費用、
その他予備費が含まれていないのです。

総務省のデータを参考にすれば、老後の生活は、
月24.5万円(年間294万円)かかる計算になります。

老後の生活費の柱は、「年金」という方は少なくありません。その年金ですが、厚生年金加入男性の平均金額は、
年間193万円程度。

不足分は、退職金やら貯金でまかなわなければいけないのが、現実です。

そのため、資金をふやしたいところ!

これからの資金を増やす方法のひとつが、株や投資です。

安易に株や投資をすれば良いわけではありませんが、
いったいどういうものかを学び、ご自分にあっているか判断した上で、試してみる価値はあるでしょう。

初心者でもわかりやすい解説で簡単にご紹介します。